ダイエットにおいてカロリーはあてにならない

こんにちは!

代表の宮島です!

 

先週

「ダイエット中はカロリーは気にしなくていい」

というお話をさせていただきました

なぜなら

食べたもののカロリー量がそのまま体脂肪量に比例するかというと

そうではないからです

私たちが摂取する代表的な栄養素のカロリー量は下記のとおりです

糖質1g4 kcal

脂質1g9 kcal

たんぱく質1g4 kcal

ご覧のとおり、脂質だけカロリー量が倍以上あるのです。

じゃあ、脂質を少なくすればカロリー少ないから

痩せることができると思いますよね

これこそ、まさにダイエット被害者を作り出している誤った定説なのです

アブラは良いアブラ、悪いアブラ、はっきりしています。

オリーブオイルや青魚の脂、ココナッツオイル、アボカドの脂など

むしろダイエットにプラスに働きます

アブラなのに脂肪を燃やしてくれるんです

違和感ありますが事実です

脂肪にならない脂質なのです

こういう経験したことありませんか?

普段友達と食べている量は同じくらいなのに、自分の方が太っている

こういう言葉を耳にしたことありませんか?

いつもたくさん食べているのに常に痩せている人「痩せの大食い」

実際に世の中では、消費カロリーは変わらないのに、

1日に3000kcal摂っている人が2000kcal摂っている人より

痩せているという現象が起きているのです

つまり何が言いたいかというと

ダイエットにおいて

単なるカロリー計算は無意味ということです

ちなみに、極端にカロリー抑えると

本当にカラダが壊れますので気を付けてください

体脂肪のもとは

ほとんど糖質、炭水化物が原因です

でも、糖質も上手に摂れば問題ないです

一番効率よく健康的にダイエットしていきましょう!

それでは、本日も頑張っていきましょう!