食事制限の危険性

こんにちは!

代表の宮島です!

 

「痩せたい」と思って

まず皆さんが始めようとすること

①食事制限(カロリー制限)

②走る(有酸素運動)

私も昔

毎日豆腐やサラダばかり食べて

根性で五キロほど落としたことがあります

でも一瞬で元以上にリバウンドしました

結局

太らないための正しい知識がない限りは

リバウンドしてしまいますよね

でもそれ以外にリバウンドする理由は

いっぱいあるんですね…

今回は

「なぜダイエットはしっかり食べながら行わないといけないのか」

という理由をお話したいと思います

最近流行っている

置き換えダイエット

ファスティング

耳つぼダイエット

などは

基本的に食べる量を減らしますよね

こういうダイエットをするときは

神経質になってする必要があるかと思います

以前私が食事制限をしてはいけない理由をまとめたものになります

絶対に「食べるダイエット」でなければならない理由

食事制限が招く悲惨な現実

   栄養不足による代謝低下と肌荒れ

食事の量を減らすと必然的に栄養不足に陥ります。

そうなると、内臓が元気を失い、筋肉も落ちることで代謝が落ち太りやすい体質になります。

また、肌づくりに必要な栄養も不足し肌がボロボロになります。

   リバウンド

食事の量を減らすと体が飢餓状態と勘違いし、省エネモードに。

積極的にエネルギーを溜め込もうとするため

食事の量を戻した途端に壮絶なリバウンドが待っています。

元の体重以上に太るケースも多いです。

   そもそも続かない

ダイエット失敗のほとんどの理由が食事によるものです。

空腹を我慢することほどつらいことはありません。

食事制限を続けられる人はほとんどいません。

逆にストレスが爆発し暴飲暴食を招き、かえって太ることに。

 

こう考えると

食事制限はしないで

ルールを守って食べることが一番かと思います

それでは、本日も頑張りましょう!