健康的にダイエット 鹿児島のパーソナルジム ダブルハイ

お問合わせ 無料カウンセリングについて
お電話の方
無料カウンセリング申込みフォームへ

食事アドバイス

和食W-highでは、いくら効果的にトレーニングや運動をしても、食事と生活習慣を根本的に見直さないかぎり、ダイエットの成功はないと考えております。無理な食事制限などはございません。3食きっちり食べていただきますのでご安心ください。大事なことは正しい知識で食事を摂るということです。食べるモノ、モノの組み合わせ、時間、順番をしっかり意識していけば体質がガラリと変わってきます。これは痩せるための視点だけではなく、健康的なメリットも高く、コンディションとパフォーマンスを上げていくためには欠かせないことです。また、食事以外でも、生活習慣の乱れによる睡眠不足やストレス、姿勢の乱れなども身体の代謝に大きく影響しダイエットの妨げになります。そのため、食事と生活習慣の双方から改善を図っていくことが非常に大切です。 そうはいっても、やはり慣れない食事や生活習慣の改善に戸惑いを感じ、辛いときもあるかと思います。そのようなときは、私たちパートナーをどうぞフル活用してください。必ず打開策があるはずです。食事をはじめ日常の生活に関して、メールにてスタッフ総勢でアドバイスさせていただきますので、いつでも何でもお気軽にご相談ください。お仕事やご家庭のことでもなんでも構いません。全力でサポートさせていただきます。一緒に乗り越えていきましょう。

「W-high式 食事&生活習慣ガイドライン9箇条」

糖質(炭水化物)を控えめに


糖質制限 糖質は、私たちが普段主食にしているご飯やパン、麺などの炭水化物や、お菓子や果物に多く含まれています。私たちの体は糖質をエネルギー源にしますが、余分に摂りすぎた糖質は脂肪に形を変えて内臓脂肪や皮下脂肪の原因となります。また、糖質を継続的に摂り続け体に溜まっている限り、脂肪が燃焼されることはありません。さらには、体内で糖化という現象を引き起こし、肌のトラブルや老化の原因となります。摂取する糖質の量に注意を払うことが非常に大切です。

良いアブラは積極的に


oil 私たちの体には60兆個もの細胞があり、その細胞膜は脂肪でできています。また、私たちの脳の60%は脂肪でできています。このため、細胞や脳がいい状態であるためには良質なアブラを摂ることが大切です。糖質を抑えることで、私たちの主要なエネルギー源は脂質に変わります。オリーブオイルやEPA・DHAを含む魚の油などの良いアブラをエネルギー源にすることで、細胞や脳が元気で健康になり身体全体に良い影響を与えてくれます。中には脂肪を分解してくれるアブラもあります。しかし、使用方法や保存方法を間違えると、酸化した油を摂ってしまい体に害を与えてしまうので、日常的にアブラの扱い方には注意を払うことが大切です。

タンパク質を多めに


タンパク質タンパク質は私たちの筋肉や皮膚を作る重要な栄養素です。ダイエット中は体重の減少に比例して、筋肉の量も減少してしまう傾向にあります。また、糖質を制限すると、体内で糖を作ろうとし、その際筋肉を分解しようとしてしまいます。筋肉量と基礎代謝は密接な関係にあり、筋肉量が減少すると基礎代謝も下がってしまい、太りやすく痩せにくい体質になってしまいます。そうならないように、タンパク質を今までより多めに摂ることで筋肉の形成を促し、筋肉の分解を最小限に防ぐことが大切です。毎食、肉・魚、卵、大豆などのタンパク質を多めに摂るように意識しましょう。

善玉菌を増やしヤセ菌を味方に


ヨーグルト糖質制限のダイエットでは、糖質やタンパク質ばかりに意識が集中しがちですが、実は腸内の環境が大いに鍵を握っています。私たちの腸内にはヤセ菌とデブ菌が存在し、善玉菌をしっかり摂取しヤセ菌を味方にすることでより痩せやすい体質に変化します。逆に悪玉菌が増えて腸内環境が悪くなると、便秘や免疫力の低下、肌荒れなどを引き起こし、そのほかにも様々な悪影響を及ぼします。ですので、日常的に善玉菌を含む味噌、納豆、ヨーグルトなどの摂取を心がけることが大切です。また、善玉菌の働きを活性化させる海藻やキノコ類などの食物繊維を含んだ食べ物をプラスすることでさらによりよい腸内環境に変化します。

水をしっかりと


水分補給私たちの身体の60%は水分でできています。水は栄養素や酸素の運搬、老廃物の排泄、体温調整といった私たちの身体にとって必要不可欠な役割を果たしています。糖質制限の食事ではごはんや麺類などの炭水化物を控えることになるので、おのずと水分の摂取量が減ってしまいます。毎日1.5ℓ~2ℓを目安にしっかり水を飲むことで、血液のめぐりを良くし、栄養をしっかり吸収できる状態にしておくことが大切です。代謝のアップにもつながります。

効果的な筋トレ&適度な有酸素運動


筋トレ筋肉の量は基礎代謝に比例するため、より多い方が太りにくい体質となります。また、糖質制限ダイエットでは、摂取する糖質が減少すると、体内で糖を作るために筋肉を分解しようとするので、定期的な筋力トレーニングが欠かせません。しっかりと筋肉をつけていくには、ただがむしゃらにするのではなく、効率良く効果的におこなうことが大切です。また、有酸素運動は脂肪分解を促し、血流を活性化させ代謝をアップさせてくれます。当ジムのトレーナーがお客様に合ったプログラムを策定いたしますので、きっちり痩せやすく太りにくい体質を作っていきましょう。

姿勢を正しく


姿勢猫背であるだけで、腰痛や肩こり、代謝の低下、便秘などを引き起こしダイエットに悪影響を与えてしましまいます。逆に解消し正しい姿勢にしてあげることで、痩せやすい身体になり、体も軽くなります。当ジムでは、はじめにトレーナーが姿勢や体のバランスをチェックし、問題がある場合は、プログラムにストレッチ指導を取り入れ改善を図っていきます。さらに、筋力トレーニング、体幹トレーニングなどによって体の中心部分を意識的に鍛えることで、より一層姿勢の改善を図り、痩せやすい身体づくりに努めてまいります。

質の良い睡眠を


睡眠 私たちは毎日正しく寝るだけで300kcalを消費すると言われており、睡眠ダイエットというダイエット法があるほど睡眠の質は大切です。睡眠中に分泌される成長ホルモンは、筋肉を増やし脂肪を分解する働きがあります。ほかにもレプチンという食欲を抑えてくれるホルモンも分泌され、これらのホルモンはダイエットに非常に効果的です。睡眠の質が上がれば上がるほど、副交感神経が優位になるため、このようなホルモンの分泌が良くなり代謝の向上にもつながります。寝つきが良くない方は、寝る前の運動やスマホなどは極力避け、スムーズに眠りに入れるように工夫することが大切です。

ストレスを溜め込まない


ストレス私たちの自律神経には交感神経と副交感神経があります。活動中や緊張状態にあるときは交感神経が働き、食事中やリラックスしているときは副交感神経が働きます。副交感神経が働いているときは内臓の働きが活発になったり、血流が良くなり代謝がよくなります。逆にストレスを抱えている状態だと交感神経が働き、代謝が悪くなるほか便秘の原因にもなります。日常的にストレスを抱えている場合は、生活に半身浴や腹式呼吸などを取り入れて、副交感神経が優位な状態になるよう心がけることが大切です。ストレスが溜まっている状態では、ダイエットもスムーズにいきませんので、そのときは私たちトレーナーに難なくお申し付けください。