やるかやらないか

こんばんは

私、ジムオーナーの宮島と申します

今まで自己紹介せずに申し訳ございませんでした(笑)

今後ともどうぞよろしくお願いします

 

実は私以前は太っていました

しかし一昨年に一念発起して

75キロ⇒62キロになりました

ダイエットを始めるまでは

「どうせまた失敗するだろう」とか

「おいしいものを食べられなくなるのが嫌だ」とか

「生活が苦痛になる」とか

色々考えていましたね。。。

 

私事ですが、昔税理士を目指そうとして

社会人1年目で初めていただいたボーナスを

すべて税理士学校の資金につぎ込んだことがあります

しかし、1ヶ月で学校に行くのをやめてしまいました(笑)

「資格を取るまであと数年はかかるだろうし

一生受からないかもしれない」

という気持ちになってしまったんですね。。。

あのときは

「なんて自分は意志が弱いんだ」と

自分を責めました

その後も、そのことがトラウマになって

何かに対しても本気で取り組んでいこうっていう気持ちにならなかったですね

「自分は不甲斐ない人間だ」

「またどうせやめてしまうだろ。。。」とか。。。

ネガティブ思考に陥っていました

口癖のように

「私なんか無理です」と言う子がいますが

私もそんな感じでした。。。

 

でも今ならその子に

「やってもいないのに何を言っているんだ」

「みんな同じ人間でしょ」

と言います

27歳のときにある本に出会いました

それは稲盛和夫さんの

「生き方」です

そこに書いてあったことは

「考え方」の大切さでした

成果=考え方×熱意×能力

で決まると書いてありました

また、稲盛さんはこの中で一番大切なことは考え方だとおっしゃっています

私はこの本を読ませていただいたときに

「ハッと」しました

自分自身ネガティブ思考になっていた時間が非常にもったいなかったと思いました

誰でもやれる可能性があるのに

それをやらずに人生を終えるというのは

なんと悲しく切ないことなのかと感じるようになりました

そのときから「人生は1回」ということを強く意識するようになりました

そして、どうせ1回きりの人生を送るんだったら

やりたいことをできるように頑張りたい!

なりたい自分を目指したい!

と考えるようになりました

ダイエットを始めたときも

どうせやるならクリスティアーノ・ロナウドみたいになってみたいと思いました

しかし

0から100は狙えません(笑)

今は37段目くらいの階段を登っています(笑)

でも、ダイエットを通して変わったことは

体型の変化より意識の変化です

自分が好きになりました

何事にもストイックに取り組めるようになりました

生活が楽しくなりました

ごはんがおいしくなりました

自然と胸を張るようになりました

 

初めて来られたお客様に

「芸能人の理想像はありますか?」

と質問すると

「あるけど、どうせ無理だし恥ずかしくて言えない」

と言われることが多いです

確かにすぐには無理かもしれません

でも、挑戦するかしないかで

これからの人生が大きく変わってくると思います

ダイエットに限らず

自分のやりたいと思うことにはぜひ挑戦していただきたいと思います

「やるかやらないか」

もう考える必要はないでしょう

「やりましょう!!」