リバウンドしないために

おはようございます!

代表の宮島です!

 

昨日

「糖質制限はリバウンドするのか!?」

というお話をさせていただきました

その中で

「どんなダイエット法であれ

ダイエット期間中の過ごし方がマズければ

リバウンドするリスクはあるでしょう」

と私の見解を述べさせていただきました

そこで、ダイエット期間中は

①太りにくい体質づくりに努めること

②太らない生活習慣、食生活を身に付けましょう

と申し上げました

 

では①と②

具体的にどうやって手に入れることができるのか、ですが

①太りにくい体質をつくるには

カラダの代謝を上げていくことが大切です

その中でも代謝の7割を占める「基礎代謝」がとても大切です

では普段どうやって基礎代謝を上げていくのか、ですが

・筋肉による代謝を上げる

・内臓による代謝を上げる

この2つが大切です

筋肉量と基礎代謝は基本的に比例します

減量すると、どうしても自然と筋肉も落ちてしまい

基礎代謝も落ちてしまうのです

それを回避するためにおこなうのが

筋力トレーニングですね

生半可にやっても筋肉はつきません

適正な負荷、回数、重さですることが大切です

もう1つ

私たちのカラダの代謝を上げていく上で大切なこと

内臓の働きによる代謝アップですね

内臓によるエネルギー消費を活発にしていきましょう

ということです

では、どうやったら内臓は元気になるのか、ですが

摂りいれる栄養素によって変わってきます

ミネラル、ビタミン、食物繊維など

カラダが喜ぶ栄養素をしっかり摂りいれることで

内臓も元気になります

具体的には申し上げませんが

カラダが喜ぶ栄養素の高い食べ物を効率よく食べていくことで

自然と代謝も上がってきます

 

次は

②どうやって、太らないための生活習慣、食生活を身に付けるのか、ですが

食生活の基本である

食べるモノ、食べる量、食べる時間帯、食べる順番ですね

これをルールに守ってすれば

リバウンドなんてありえないと思っています

しっかり数か月でノウハウを身に付け、習慣化すれば問題ありません

でもたまには暴走したいときもありますよね(笑)

そんなときのために

当ジムではダイエット期間中に

お客様に「修正力」というものを

身に付けてもらっています

「なんで太ったのか」

「なんで痩せたのか」

を普段から考えることが大切です

この原因をはっきりさせ、自分のノウハウとして落とし込むことで

抜群の「修正力」が身に付きます

誰もがやらかすときはあります

ストレスや欲から

好き勝手食べたいときもあります

そんなときは、修正すればいいだけの話です

修正する感覚を身に付けていれば

暴飲暴食するときも罪悪感なんてありませんよ(笑)

そのときは楽しめばいいと思います!!

また

人のカラダはそれぞれです

その人に合った食べ物、食べ方があります

自分に合う食べ物や食べ方を見つけることも大事なことです

最近

「夜にオクラを食べれば便秘が解消されることが分かりました」

というご意見をいただきました

その方はオクラとの相性が非常に良いみたいですね

でも、誰もがオクラでお通じが良くなるとは限りません

アボカドや納豆やヨーグルトかもしれません

自分に合う食材を見つけることは

ダイエットとリバウンドを回避するための鍵でもあります

さらに

睡眠の質や、ストレスといったものもダイエットに影響してきます

早くから対処法を見つけておけば、リバウンドしにくい環境になるかと思います

 

今日も長くなりました、、、

明日は私色の強いダイエット理論

「健康とダイエットは深くつながっている」

というテーマでお話させていただきます

それでは本日も頑張りましょう!!