夜遅くに食べると太る!?

おはようございます!

オーナーの宮島です

 

「夜遅くに食べると太りやすい」

誰もが、人生で一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

でも皆さん、なんとなく頭にはあるけど

なぜそうなるのか考えたことありますか?

 

実は「BMAL1」というものが関係しているんです

BMAL1は私たち人間の体内時計を調節しているタンパク質の一種で

“朝起きて夜寝る”という生活リズムを維持するために働いてくれているのですが…

なんとこのBMAL1、体内に脂肪を蓄積させる作用も持っているのです…

BMAL1は別名「肥満遺伝子」と言われ

脂肪の蓄積に大きく関わっています

脂肪細胞の中で脂肪酸やコレステロールの合成を活発にし

脂肪細胞をたくさん溜め込もうとする働きを持つため

BMAL1が増加している時間帯に食事を摂ると

当然、体脂肪がつきやすく肥満に繋がってしまうのです

そして、このBMAL1が増加する時間帯が夜なのです、、、

日中は少なく夜増えるんですね

まさに「夜遅くに食べると太る」理由ですね

 

「夜太りやすいことは分かっているけど自制できない!!」

っていうのが実情ですよね(笑)

そこをうまく自制できれば

ダイエット成功へ一歩近づくかもしれませんね!!

どうしても自制できない、、、

そんな方は一度僕をお訪ねください!!(笑)

コツをお教えいたします!!

それでは本日も頑張りましょう!!